病を早期発見しよう~長い通院を回避してLong happy~

乳がんの治療

治療費は高額医療制度が利用できるかにより異なります

乳がん治療では摘出手術を受けるというのが一般的です。癌進行の度合いによって乳房温存が可能かが異なり、重症になるに従って手術費用も当然ながら高額になります。ですが外科療法に於いては高額医療制度が適用できるので自己負担額は10万円までの差は無いのです。手術後に於いて再発防止に伴う治療の選択方法によって大きく乳がん治療費は異なってきます。放射線治療には差は生じませんが問題は薬物療法なのです。ここで手術前に薬物によってがん細胞を一反小さくしておいてから手術を行う為、そして再発防止の為に3年4年に渡って治療をおこなっていく抗がん剤治療やホルモン療法があります。高度医療を使わないにしても一般的に乳がん治療費は100万円を超えるものになるのが普通なのです。

乳がんも治療方法の進化によって医療費も高価になっています。

乳がんとなれば微小ながん細胞が残っている可能性のある疑わしき細胞は全て切除する安全対策から、殆どの乳がんは乳房全摘手術が一般的だったのです。そしてその後には強い抗癌剤と副作用との戦いが待っています。それだけの治療を行えたとしても1割にも満たない効果しかなかったのです。乳がん治療も患者の負担を軽減させる為に進化を遂げてきた分野です。最先端医療では可能な限り切除面積を小さくし乳房を温存する技術とがん細胞だけを標的とした放射線治療や分子標的治療薬で乳がん細胞だけを攻撃する抗癌剤の使用も選択できるようになってきたのです。その反面で保険が適用できないのが国内での治療の問題点でもあります。一回で何十万円もする治療を繰り返していく治療が行われているのが現在の医療なのですが、治癒する可能性も高まってきています。